住環境を創造するサファリパーク|株式会社MP

事業内容

BUSINESS

断熱材吹付

「アキレスKHフォーム」断熱工法は、より軽量の硬質ウレタンフォーム
「アキレスKHフォーム」を屋根の野地板面、柱・間柱の間の壁面、床に吹き付けることにより高い断熱性・気密性を発揮します。

木造住宅に適した断熱材とは?

断熱材にはいろいろな種類があります。従来より最も一般的な断熱材であるグラスウールは隙間が生じると断熱性能が低下してしまうため、複雑な構造になっている木造住宅においては、隙間が生じるリスクがあります。

アキレスKHフォームは吹付硬質ウレタンフォームの仲間で自己接着性があります。現場で吹付け施工するため、隙間のない断熱層を確保でき、限られたスペースでも十分な断熱性能を確保することができます。

もちろん環境への影響も考慮されています。

断熱化が快適な住生活をお手伝いします

アキレスKHフォームの特徴

静かな室内環境

高い気密性で外からの騒音を防ぎ、静かな室内環境を実現致します。

健康的で快適に過ごせます

高い断熱性と気密性をもつ「アキレスKHフォーム」の施工により部屋空間や室内上下の温度差が小さくなり、健康的で快適な生活に貢献します。

環境に優しいノンフロン

「アキレスKHフォーム」はオゾン層を破壊し、地球温暖化係数が高いフロンガスを一切仕様していません。

断熱性・気密性を確保

吹付けによる環境発泡のため、隙間無く断熱材が施工でき、しかも瞬時に発泡して接着するため高い断熱性と気密性を発揮します。

結露を防ぎ、建物耐久性が向上

高い断熱性により家のかな全体を暖め、結露の発生を緩和し、建物の耐久性が増し資産価値が向上します。

優れたコストパフォーマンス

断熱工事と気密工事が同時にでき、また一般の吹付け硬質ウレタンフォームに比べて低密度となっていますので優れたコストパフォーマンスを有します。

ノンホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドなどの揮発性化学物質を使用していません。国土交通省が定めるホルムアルデヒド規制対象外ですので、F☆☆☆☆の表示が不要です。

アキレスKHフォーム断熱性能(主要他断熱材との比較)

断熱材の品種 熱伝導率 W/(m・K) 試験方法
アキレスKHフォーム 0.040以下 JIS A 9526
住宅用グラスウール16K 0.045以下 JIS A 9521

資料をPDFで見る

pagetop